ページの先頭です
メニューの終端です。
[2015年7月9日]

村長三期目の就任の挨拶

南山城村ホームページをご覧いただきありがとうございます。

 村長の部屋へようこそ、村長の手仲圓容です。

 村特産のお茶の収穫もそろそろ終盤となって木津川では鮎釣りシーズンを迎えており、梅雨空が晴れますといよいよ真夏の日差しが眩しい季節の到来です。

 先般行われた南山城村長選挙では、これまで取り組んできました「魅力あるむらづくり」をご支持いただき、三度、南山城村長として働かせていただくこととなりました。引き続き村政に全力を注いでいく決意です。

 その「魅力あるむらづくり」を目指して最初に取り組んだのが「道の駅」事業でした。村民の皆様方からは4年前の選挙で「道の駅」事業を進めることにご賛同をいただいていたところですが、今回の選挙でも再びその是非が最大の争点となりました。再び、多くの皆様方から「GO指令」をいただきましたので、村民の皆様方の期待に応えるべく、このことの意味を強く心に刻んで、一日も早い「道の駅」オープンに向けて役場職員とともに全力を傾注する覚悟です。

 かねてから申し上げていますとおり、この「道の駅」事業は、茶業をはじめとする地場産業の振興、人口対策、若い人たちの雇用の場の創設、買い物難民対策、高齢者生活支援対策、防災拠点の整備など村が抱える多くの課題の解消に向けた取り組みであり「魅力あるむらづくり」の核となる事業です。

 ハード面では用地取得の目処も立ち、今秋からの造成工事、来年度からの建物本体工事へと進む予定です。この建物には農林水産物直売所・レストラン・喫茶・コンビニ・加工場などが入ることとなっているほか、災害時に村民の飲料水3日分が確保できる耐震貯水槽を備えており、新たな防災の拠点ともする予定です。また、ソフト面では今夏に「道の駅」運営母体となる第三セクター「(株)みなみやましろむら」(仮称)を設立することとしており、加えて、特産品・商品開発も進んで多くのものが具体化してきました。

 平成29年春のオープンに向けて順調に推移してきています。

 また、村では、オープン後の平成29年度以降に、第2次の「道の駅」事業を進めることとしており、村内各地域からのコミュニティバス発着場所や運行の再編整備、内科・歯科などの医療施設の設置、高齢者のための配食サービスなどの福祉事業、観光客誘致のための観光拠点整備、コンビニによる行政サービス・宅配サービス事業、将来的な庁舎移転の検討等々により村の新たな拠点を更に充実させていくこととしています。

 何れにしましても、国が進めている地方創生のなかで提唱されている小さな拠点(コンパクトシティー)となるよう、また、村民の皆さんから満足していただけるような空間となるよう、全力を尽くして頑張ってまいる所存でありますので、今後ともご理解とご協力を賜りますよう宜しくお願いいたします。


[ページの先頭へ戻る]