ページの先頭です
メニューの終端です。
[2017年7月1日]

2017年7月 村長のご挨拶

 毎年暑さが厳しくなっているのではないかと思われる程の酷暑が続いている今日この頃でございます。

 本村では、4月15日に道の駅「お茶の京都 みなみやましろ村」が国道163号沿いに開駅しました。利用されるお客様に大変ご好評を得ており、6月7日には開駅以来52日目でレジ通過人数が10万人を突破し予想を上回るスタートとなりました。

 そして、開業当時から重点「道の駅」として国土交通省から認定書をいただいており、平成29年6月には、まちづくり功労賞を受賞し、大臣より表彰を受けております。

 この道の駅の目玉は、村特産のお茶を主とした関連商品を集めております。

 その他の商品は農産物の宝庫でもあることから四季折々の朝採りの新鮮な農産物が店頭いっぱいにならべられております。

 お茶は、生産者ごとに異なる香りや風味・甘味など、生産される圃場や製法等で微妙に異なるお茶が試飲いただけますと共に、レストランではお茶メニューや特製抹茶アイスクリームなど色とりどりの村産お茶の味を楽しめることが好評を得ております。

 また、村では6月末から、ゲンジボタルが乱舞する絶景スポットがあります。標高が約500~600mの高地で、夏の夜はクーラーが要らないほどの涼しさが魅力的であります。 関西の軽井沢とも評判の「童仙房」・「野殿」両地区では別荘地が多く夏の期間だけ人口が増加するなど魅力的な自然豊かな地域でもあります。

 なお、村の中央に位置するところには、約600戸の「月ヶ瀬ニュータウン」があります。現在、半分程度の入居者が居られますが、徒歩で行ける「道の駅」やJRの駅・保育園、小学校、中学校、保健福祉センターが集中しております。今後、自然豊かで山間地とも思えない平坦な地形を生かし、満天の星空が見渡せる特性を生かし、住宅地の入居を推進して行きたいと考えております。

 1~2年先には、内科医・歯科医が開業予定しており、さらに高齢者や移住者が安心して暮らせる専用施設を計画しています。

 不便な過疎・中山間地域であるがゆえに、色々な施設を集約しコンパクトシテイー化を進め、村で住んでいることを誇りに思えるような村づくりを推進してまいりますので、是非一度、南山城村を訪れていただきますようご案内申し上げます。

お問い合わせ

南山城村役場総務課

電話: 0743-93-0102 ファックス: 0743-93-3030


[ページの先頭へ戻る]