○南山城村公用車管理規程

平成5年10月19日

規程第2号

(目的)

第1条 この規程は南山城村が有する公用車の管理を適正にし、その使用の効率化を期するため必要な事項を定めることを目的とする。

(定義)

第2条 この規程で公用車とは次の各号に定める車をいう。

ア 普通自動車

イ 広報車

ウ 小型トラック

エ 軽自動車

オ 給食車

カ 原動機付自転車

(管理)

第3条 公用車の管理を適正に、その使用を効率的に行うため、それぞれ公用車ごとに管理者を定める。

2 公用車の管理者はそれぞれ公用車を常時使用する課(室)の長が当たるものとし、常に良好な状態で使用できるよう整備しなければならない。

3 公用車はすべて総務課長が保管する公用車台帳(別記様式第1号)に登録しなければならない。

4 管理者の職務は次のとおりとする。

ア 自動車の運行計画に関すること。

イ 自動車の保険に関すること。

ウ 自動車の事故処理に関すること。

エ 自動車の燃料等給油に関すること。

オ その他自動車の運行管理について必要な事項に関すること。

(使用の制限)

第4条 公用車はその運転資格を有しない者は使用することができない。

2 自動車を使用しようとするときは、次の事項を具し、管理者に申出でてその承認を受けなければならない。

ア 使用の目的及び行先

イ 使用日時及び使用予定時間

ウ 使用者の職氏名

3 自動車の使用者は承認を受けた目的又は行先をみだりに変更してはならない。ただし、やむを得ない事情により変更を要する場合はその都度、若しくは、事後速やかに管理者に連絡しなければならない。

4 前項の規定にかかわらず原動機付自転車についてはその使用者は口頭をもつて管理者の承認を受ければよいものとする。

5 自動車の使用は、勤務時間内とする。ただし、特別の事情のため、休日又は勤務時間外に必要があるときは管理者を経由、村長の承認を得て使用することができる。

6 運転手は別に定める様式により運転日誌を備え、所要の事項を記載しなければならない。

(修理又は処分)

第5条 公用車を修理又は処分しようとするときは、その管理者は総務課長と協議して行うものとする。

(亡失、又はき損等)

第6条 公用車を亡失又は、き損したときは、その使用者は直ちに管理者に申し出、管理者は文書をもつて総務課長を経由して村長に報告しなければならない。

2 前項の亡失又はき損が使用者個人の責に帰すべき事由によるときは、個人の負担においてこれを補てん又は、修理しなければならない。

(その他)

第7条 この規程に定めるもののほか必要な事項は、その都度村長が定める。

附 則

この規程は、公布の日から施行する。

画像

南山城村公用車管理規程

平成5年10月19日 規程第2号

(平成5年10月19日施行)

体系情報
第3編 執行機関/第1章 長/第1節 事務分掌
沿革情報
平成5年10月19日 規程第2号