○南山城村職員の勤務時間に関する規則

平成2年9月26日

規則第3号

(趣旨)

第1条 この規則は、南山城村職員の勤務時間、休暇等に関する条例(平成6年南山城村条例第13号。以下「条例」という。)第2条の規定に基づき、職員の勤務時間に関し、必要な事項を定めるものとする。

(勤務時間)

第2条 条例第2条第1項に規定する職員の勤務時間は、1週間について38時間45分とする。ただし、特別の勤務に従事する職員の勤務時間は、1週間当たり38時間45分とする。

2 前項の勤務時間は、月曜日から金曜日までの午前8時30分から午後5時15分までとする。ただし、午後零時から午後1時までの間は、休憩時間とする。

(週休日及び勤務時間の割り振りの基準)

第3条 前条本文に規定する勤務時間は、1日につき7時間45分となるように割り振るものとする。

2 任命権者は、条例第4条第2項ただし書の規定により、特別の勤務に従事する職員の週休日及び勤務時間の割り振りについて別に定める場合には、4週間ごとの期間についてこれを定め、当該期間内に8日の週休日を設け、かつ、正規の勤務時間(同条に規定する勤務時間をいう。以下同じ。)を割り振られた日が引き続き24日を超えないようにしなければならない。

3 任命権者は、特別の勤務に従事する職員のうち、職員の特殊性その他の事由により、週休日及び勤務時間の割り振りを4週間ごとの期間について定めること又は週休日を4週間につき8日とすることが困難であると認められる職員については、週休日が毎4週間につき4日以上となるようにし、かつ、正規の勤務時間を割り振られた日が引き続き24日を超えないようにする場合に限り、前項の規定にかかわらず、村長の承認を得て、52週間を超えない範囲内で定める期間ごとに週休日及び勤務時間の割り振りについて別に定めることができる。

(週休日の振替え及び半日勤務時間の割振り変更)

第4条 条例第5条の規則で定める期間は、同項の勤務することを命ずる必要がある日を起算日とする4週間前の日から当該勤務することを命ずる必要のある日を起算日とする8週間後の日までの期間とする。

2 条例第5条の規則で定める勤務時間は、4時間(同条第2項の規定により1週間の勤務時間が定められている職員にあつては、4時間を下回らず4時間30分を超えない時間。以下「半日勤務時間」という。)とする。

3 条例第5条の規定に基づき割り振ることをやめることとなる半日勤務時間は、第1項に規定する期間内にある勤務日(条例第5条に規定する勤務日をいう。以下同じ。)のうち、半日勤務時間のみが割り振られている日以外の勤務日の勤務時間の始まる時刻から連続し、又は勤務時間の終わる時刻まで連続する勤務時間とする。

4 任命権者は、週休日の振替え(条例第5条の規定により、勤務日を週休日に変更して当該勤務日に割り振られた勤務時間を同項の勤務することを命ずる必要がある日に割り振ることをいう。以下同じ。)又は半日勤務時間の割り振り変更(同項の規定に基づき、半日勤務時間のみが割り振られている日以外の勤務日の勤務時間のうち半日勤務時間を当該勤務日に割り振ることをやめて当該半日勤務時間を同項の勤務することを命ずる必要がある日に割り振ることをいう。以下同じ。)を行う場合には、週休日の振替え又は、半日勤務時間の割振り変更を行つた後において、週休日が毎4週間につき4日以上となるようにし、かつ、正規の勤務時間を割り振られた日が引き続き24日を超えないようにしなければならない。

5 任命権者は、週休日の振替え又は半日勤務時間の割振り変更を行つた場合には、職員に対して、速やかに、その旨を通知しなければならない。

(その他)

第5条 この規則で定めるもののほか必要な事項は、村長が定める。

附 則

この規則は、平成2年10月1日から施行する。

附 則(平成4年規則第6号)

この規則は、平成5年4月1日から施行する。

附 則(平成7年規則第2号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成9年規則第3号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成19年規則第3号)

この規則は、平成19年4月1日から施行する。

附 則(平成20年規則第4号)

この規則は、公布の日から施行し、平成21年4月1日から適用する。

南山城村職員の勤務時間に関する規則

平成2年9月26日 規則第3号

(平成20年3月30日施行)

体系情報
第4編 事/第3章
沿革情報
平成2年9月26日 規則第3号
平成4年12月22日 規則第6号
平成7年1月20日 規則第2号
平成9年6月1日 規則第3号
平成19年3月29日 規則第3号
平成20年3月30日 規則第4号