○南山城村当直規程

昭和46年10月1日

訓令第5号

(目的)

第1条 この規程は、別に定めるものを除くほか、当直勤務に際しての事務の処理、鍵の管守並びに公金以外の金品の保管等について必要な事項を定めることを目的とする。

(当直職員)

第2条 当直職員は1名とし、臨時職員をもつてこれに充てるものとする。

(職務)

第3条 当直職員は、次に掲げる事務を行うものとする。

(1) 庁舎及び構内の取締

(2) 鍵の管守

(3) 到着文書及び物品の処理

(4) 戸籍届の受理

(5) 気象情報及び災害情報の受理及び連絡

(6) その他必要な事項

(勤務時問)

第4条 当直職員の勤務時間は、次のとおりとする。

(1) 平日

午後5時15分から翌日の午前8時30分まで

(2) 休日

次の区分により2交代とする。

 午前8時30分から午後5時15分まで

 午後5時15分から翌日の午前8時30分まで

2 当直職員は、前項の勤務時間経過後であつても引継を終らない間は、なお職務に従事しなければならない。

(備付帳票)

第5条 当直職員は、関係各課又は当直を終つた者から、次に掲げる簿冊及び物品の引継を受け、服務中当直室に備え付け、又は管守し、その服務を終つたときは、その取扱にかかる文書及び物品とともに関係各課又は次に当直する者に引継がなければならない。

(1) 

(2) 当直日誌(別記様式)

(3) 職員住所録

(4) 親展文書、書留及び電報、郵便物

(文書及び物品の収受)

第6条 当直に到達した文書及び物品は、次の各号により処理し、その服務を終つたときは総務課又は次に当直する者に引継がなければならない。ただし、急を要するものにあつては、電話その他の方法によりすみやかに関係課長に報告し、その指示を受けなければならない。

(1) 親展文書は、南山城村処務規程(昭和46年南山城村訓令第1号。以下「処務規程」という。)第8条第1項の規定により、すみやかに配布の手続をとり、その他の文書は当直日付印を押印すること。

(2) 金券、書留及びその他貴重品添付の文書は、当直日誌に記入すること。

(3) 訴願、異議の申立等特に受理の日時が権利の得喪又は変更に関係のある文書は、収受日時を記入し、当直日付印を押印すること。

(4) 電話又は口頭をもつて受けた重要な事項は、聞取書及び当直日誌にその要領を記録すること。

(気象情報又は非常変災の措置)

第7条 当直職員は、災害を伴うおそれのある気象情報を受けたとき、又は非常変災の発生したときは、村長、副村長及び関係課長に速報し、その指示を受けなければならない。

(当直日誌)

第8条 当直職員は、当直日誌に所要の事項を記入し、勤務が終つたときは、直ちに総務課長の閲覧に供さなければならない。

附 則

この訓令は、公布の日から施行する。

附 則(平成17年規程第8号)

(施行期日)

1 この規程は、平成17年4月1日から施行する。

附 則(平成19年訓令第1号)

この規程は、平成19年4月1日から施行する。

附 則(平成24年規程第2号)

この規程は、公布の日から施行する。

画像

南山城村当直規程

昭和46年10月1日 訓令第5号

(平成24年2月14日施行)

体系情報
第4編 事/第3章
沿革情報
昭和46年10月1日 訓令第5号
平成17年4月1日 規程第8号
平成19年3月29日 訓令第1号
平成24年2月14日 規程第2号