○南山城村妊婦健康診査実施要綱

平成9年3月27日

要綱第2号

(目的)

第1条 母子保健法第13条の規定により実施される妊婦の健康診査のいつそうの普及徹底を図るため医療機関に委託して実施することとし、もつて妊婦の健康管理の向上を図ることを目的とする。

(実施主体)

第2条 実施主体は南山城村とし、京都府医師会、医療機関等の協力を得て実施するものとする。

(対象者)

第3条 健康診査は南山城村内に住所を有する妊婦を対象とする。

(実施の方法)

第4条 健康診査は、村長が委託した医療機関(以下「委託医療機関」という。)において行うものとする。

(健康診査の内容)

第5条 健康診査の内容及び回数は次のとおりとする。

(1) 診査項目

 問診及び診察(血圧・体重測定を含む。)

 尿検査

 貧血検査

 血糖検査

 子宮頚がん検診(細胞診)

 血液型

 梅毒血清反応検査

 HBs抗原検査・HCV抗体検査

 風疹抗体検査

 超音波検査(出産予定日において、35歳以上である妊婦に対してのみ実施する。妊娠後期に行うことが望ましい。)

(2) 健康診査の回数

この要綱に基づく健康診査の回数は、1回の妊娠につき前号の診査項目中、及びは5回、及びは4回、からは1回とする。

(受診票の交付手続)

第6条 村長は、健康診査を実施する妊婦健康診査受診票(別記様式第1号から別記様式第6号。以下「受診票」という。)を次により交付するものとする。

(1) 村長は、妊娠届書を受理し対象者であると確認した場合は受診票(別記様式第1号から別記様式第5号)を届出者にそれぞれ1枚、出産予定日において35歳以上である妊婦に受診票(別記様式第6号)を1枚交付するものとする。

(2) 村長は、受診票の交付状況を明確にしておくため、妊婦健康診査受診票交付台帳(別記様式第7号)により整理するものとする。

(3) 村長は、受診票を紛失し又は棄損した者から、再交付の申し出があつた場合は妊婦健康診査受診票再交付申請書(別記様式第8号)を提出させ受診票に朱書きして交付するものとする。

(健康診査の受診)

第7条 受診票の交付を受けたものは、受診票を委託医療機関へ提出し健康診査を受けるものとする。

2 受診票の有効期間は、交付の日から出産予定日の属する月の末日までとする。

(費用の請求及び支払い)

第8条 委託医療機関は、各月分の請求書〔南山城村財務規則(昭和41年9月1日規則第2号)第59条に定めるもの〕に受診票を添えて翌月10日までに村長に請求するものとする。

2 村長は、委託医療機関から請求書の提出があつたときは内容を審査し、遅滞なく当該医療機関に支払うものとする。

3 委託医療機関が請求できる額は、第6条に定める診査及び検査ごとに別に定める額とする。

(事後指導)

第9条 村長は、健康診査を実施した委託医療機関との連携を密にし、必要に応じ事後指導を行うものとする。

(その他)

第10条 この要綱に定めるもののほか、妊婦健康診査の実施に関し必要な事項は、村長が別に定める。

附 則

この要綱は、平成9年4月1日から施行する。

附 則(平成20年要綱第3号)

この要綱は、平成20年4月1日から施行する。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

南山城村妊婦健康診査実施要綱

平成9年3月27日 要綱第2号

(平成20年4月1日施行)