○南山城村高度情報ネットワーク整備事業の工事見積及び事業運営に係る協力事業者選定に関するプロポーザル実施要領

平成18年6月26日

要領第2号

(目的)

第1条 この要領は、南山城村高度情報ネットワーク整備事業に係る工事見積及び事業運営の整備運営に係り、施設を整備、これを利用し、南山城村の地域情報化に資することを目的に、南山城村と長期安定的に運営、協業し、行政・住民サービスに提供可能な事業者を、プロポーザル方式(以下「プロポーザル」という。)により選定する手続きについて、必要な事項を定める。

(審査委員会)

第2条 プロポーザル方式により、事業者の選定を厳正かつ公平に行うため、審査委員会を置く。

2 審査委員会に関する規定は、別に定める「南山城村高度情報ネットワーク整備事業の工事見積及び事業運営に係る協力事業者選定に関するプロポーザル審査委員会設置要綱」による。

(プロポーザルの審査及び委託候補者の選定)

第3条 プロポーザルの審査は、次の各号による。

(1) プロポーザルの審査は、第4条に定める評価項目について審査し、最高得点者を工事施工及び運営協業に適した事業者として候補者を選定する。ただし、最高得点者が複数あつた場合は、委員長の決するところによる。

(2) ヒアリングが必要な場合は、日時、場所、留意事項等について別途通知する。

(3) 審査結果については、プロポーザル提出者全員に通知する。

(4) この手続きに参加した者が、地方自治法施行令第167条の4第1項又は第2項に規定する者に該当することとなつた場合は、その者とは契約の締結を行わない。なお、この場合は、次点の者を候補者とする。

(プロポーザルの評価項目・評価基準・配点)

第4条 プロポーザルの評価項目・評価基準・配点は、プロポーザル審査委員会で別途定める。

(手続き及び各種様式等)

第5条 プロポーザルの手続き及び各種様式等は、次の各号による。

(1) プロポーザルの手続きは、本要領及び「南山城村高度情報ネットワーク整備事業(地域情報通信基盤整備推進交付金事業)の見積及び事業提案の依頼について(プロポーザルコンペ参加依頼)(以下「プロポーザルコンペ参加依頼書」という。)(様式1)」「南山城村高度ネットワーク整備事業の概要仕様書」等に記載された手続きに基づいて行うものとする。

(2) プロポーザルの様式は、以下による。

 プロポーザルコンペ参加依頼書 様式1

 質問書 様式2

 回答書 様式3

 プロポーザル送付書 様式4

 プロポーザル提案書 様式5

 プロポーザル審査結果通知書 様式6―1(採択候補者用)

 プロポーザル審査結果通知書 様式6―2(次点者用)

 プロポーザル審査結果通知書 様式6―3(非選定者用)

(失格条項等)

第6条 次の各号の一つに該当する場合、プロポーザルは無効とする。

(1) プロポーザルの提出方法、提出先、提出期限に適合しないもの

(2) プロポーザルの作成様式及び記入要領に示された条件に適合しないもの

(3) プロポーザルに記載すべき事項の全部又は一部が記載されていないもの

(4) 虚偽の内容が記載されているもの

(5) この要領及び提出要請書に定められた以外の手法により、審査委員又は関係者にプロポーザルに対する援助を直接的、間接的に求めた場合

(プロポーザルの取扱い)

第7条 提出されたプロポーザルの取扱いは、次の各号による。

(1) 提出されたプロポーザルは返却しない。

(2) プロポーザルの作成及び提出に要する費用は、提出者の負担とする。

(3) 提出されたプロポーザルは、審査及び説明の目的に、その写しを作成し使用することができるものとする。

(事務局)

第8条 プロポーザルの実施事務局は、南山城村総務課内に置く。

(その他)

第9条 プロポーザルの提出書類に虚偽の記載をし、プロポーザルが無効とされた場合、その者に対して指名停止措置を行うことがある。

附 則

(施行期日)

1 この要領は、公布の日から適用する。

(有効期限)

2 この要領は、業者が選定され、事務手続きが完了したときをもつて、その効力を失う。

様式 略

南山城村高度情報ネットワーク整備事業の工事見積及び事業運営に係る協力事業者選定に関するプ…

平成18年6月26日 要領第2号

(平成18年6月26日施行)