○南山城村後期高齢者医療人間ドック検診事業実施要綱

平成23年3月15日

要綱第1号

(目的)

第1条 この事業は、被保険者の健康の保持、増進を図るため、疾病の予防対策として人間ドック検診(以下「検診」という。)を実施する。

(対象者)

第2条 この事業の対象者は、後期高齢者医療の被保険者で、次に掲げる条件にすべて該当する者とする。

(1) 保険料を納期限までに完納している被保険者

(払込・決定)

第3条 検診を希望する対象者(以下「申込者」という。)は、村長にドック利用申込書(様式第1号)を提出しなければならない。

2 村長は、前項の申込みを受けた場合は、速やかにその内容を審査し、その他状況を勘案のうえ検診の可否を決定し、その旨を人間ドック利用券(様式第2号)により申込者に通知するものとする。

(実施方法等)

第4条 この事業の実施方法は、京都山城総合医療センター及び田辺中央病院の委託契約に基づいて行うものとする。

2 検診の種類は外来とする。

(検診費用)

第5条 検診の費用は、契約医療機関において定める外来(男女それぞれ)の費用2割負担相当分を被保険者が、第4条第1項に定めた病院で受診する際に支払うものとする。

2 前項において被保険者の受診した検診費用の残り8割相当分を契約医療機関ごとに定める方法によつて南山城村より検診を実施した当該医療機関に支払うものとする。

(検診の記録の整備)

第6条 村長は、対象者の名簿、受診成績表、その他必要な書類を整備し記録するものとする。

(その他)

第7条 この要綱に定めるもののほか、事業の実施に関し、必要な事項は村長が別に定める。

附 則

この要綱は、平成23年4月1日から施行する。

附 則(平成25年要綱第11号)

(施行期日)

この要綱は、平成25年8月13日から施行する。

附 則(平成27年要綱第5号)

(施行期日)

この要綱は、平成27年4月1日から施行する。

画像

画像

南山城村後期高齢者医療人間ドック検診事業実施要綱

平成23年3月15日 要綱第1号

(平成27年4月1日施行)

体系情報
第8編 生/第1章 社会福祉/第3節 老人福祉
沿革情報
平成23年3月15日 要綱第1号
平成25年8月13日 要綱第11号
平成27年4月1日 要綱第5号