○南山城村自然の家の管理及び運営規則

平成26年12月19日

規則第7号

(趣旨)

第1条 この規則は、南山城村自然の家の設置及び管理に関する条例(平成26年南山城村条例第18号。以下「条例」という。)の規定に基づき、南山城村自然の家(以下「自然の家」という。)の管理及び運営に関し、必要な事項を定めるものとする。

(運営方針)

第2条 村長は、条例第2条に規定する設置の趣旨を基本として施設を運営しなければならない。

(使用料の減免手続き)

第3条 使用料の全部又は一部の免除を受けようとする者は、南山城村自然の家使用料減免申請書(別記様式)を事前に提出し、村長の承認を受けなければならない。

(利用の制限)

第4条 村長は、管理上必要と認めたときは、利用を拒否し、又は退去を命ずることができる。

(使用料の還付)

第5条 村長は、条例第6条ただし書の規定により、使用者が次の表の左欄に掲げる場合に該当するときは、既納の使用料について、それぞれ同表の右欄に掲げる割合を乗じて得た額を還付することができる。

還付するとき

還付する割合

自己の責によらない理由で使用できなくなつたとき

100分の100

(指定管理者が管理を行う場合の取扱い)

第6条 条例第13条第1項の規定により指定管理者に自然の家の管理を行わせる場合における第2条及び第4条の規定の適用については、これらの規定中「村長」とあるのは「指定管理者」とする。

2 条例第14条第1項の規定により自然の家の利用に係る料金(以下「利用料金」という。)を指定管理者の収入として収受させる場合における第3条及び第5条の規定の適用については、利用料金についてこれを準用し、第3条中「南山城村自然の家使用料減免申請書(別記様式)」とあるのは「南山城村自然の家利用料金減免申請書(指定管理者が定めるもの)」と、「村長」とあるのは「指定管理者」と、第5条中「村長」とあるのは「指定管理者」とする。

(委任)

第7条 この規則の施行に関し必要な事項は、別に定める。

附 則

この規則は、公布の日から施行する。

(様式番号)

(名称)

別記様式

南山城村自然の家使用料減免申請書

画像

南山城村自然の家の管理及び運営規則

平成26年12月19日 規則第7号

(平成26年12月19日施行)