ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

あしあと

    (農業者向け)府内産農産物継続生産支援事業(2月補正)について

    • 更新日:2021年7月19日
    • ID:2348

    概要

    新型コロナウィルス感染症の影響により、販売額が減少する等の影響を受けた農産物の再生産に向けた取組に対し支援を行います。

    なお、今回は令和2年12月1日から令和3年3月31日までの間の出荷または販売を対象に、府内産農産物継続生産支援事業実施要領別表の事業種目のうち、2型について実施します。

    事業実施主体

    3戸以上の府内の販売農家で組織する団体
    (JAの品目別部会、集落営農組織、構成員3戸以上の法人等)

    対象品目

    (1)卸売市場における売り上げが令和元年同月(ただし、令和3年1月は前年同月)比2割以上減少した品目

    1 京野菜

    みず菜、伏見とうがらし、万願寺とうがらし、えびいも、壬生菜、キャベツ、きゅうり、トマト、京たけのこ、京はたけ菜、聖護院だいこん、聖護院かぶ、ブロッコリー、かぼちゃ、金時にんじん、たまねぎ、ピーマン、ごぼう、だいこん、春菊、こかぶ、甘藷  以上22品目

    2 花き・花木

    切り花類、鉢物・花壇苗、花木 以上3分類

    ※茶については、令和3年9月以降に案内します。

    (2)契約栽培等を行った場合の販売金額、販売数量、入園者数のいずれかが令和元年同月(ただし、令和3年1月は前年同月)比2割以上減少した品目

    1 京野菜

    2 花き・花木

    補助率および補助額

    補助率:定額
    補助額:以下の式で算出
    (支援単価※)×(事業実施主体の構成員※※による当該品目の作付面積※※※の計)

    ※支援単価は10aあたり30千円です。
    ※※収入保険に加入済または今後加入することを確約した者に限ります。
    ※※※令和2年12月以降に販売した対象品目の収穫済または収穫中の面積、若しくは作付面積となります。

    申請期間

    令和3年7月5日(月曜日)から8月11日(水曜日)

    令和3年4,5月に出荷したものについては、令和3年9月以降を予定しています。

    申請書類

    注意事項

    ・1ほ場当たり1回のみの支援となります。6月補正(令和2年度)で支援を受けた農地を再び申請に含めることは出来ません。

    ・また、6月補正(令和2年度)事業で支援を受けた方は、同じ品目で再度申請できません。

    ・なお、申請時に当該農地の面積がわかる資料(農地基本台帳等)を添付していただきます。

    ・第4次高収益作物次期作支援交付金と重複して申請することはできません。

    参考

    お問い合わせ先

    山城広域振興局農林商工部農商工連携・推進課農業・宇治茶振興係

    住所:〒611-0021宇治市宇治若森7の6

    電話:0774-21-2392

    担当地域:宇治市、城陽市、久御山町、八幡市、京田辺市、井手町、宇治田原町、木津川市、笠置町、和束町、精華町、南山城村

    ※その他の地域のお問い合わせ先は京都府HPを参照ください。

    お問い合わせ

    南山城村産業観光課

    電話: 0743-93-0105

    ファックス: 0743-93-0444

    電話番号のかけ間違いにご注意ください!

    お問い合わせフォーム