ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

あしあと

    南山城村農林業省力化推進事業補助金について

    • 更新日:2022年4月1日
    • ID:2525


    農林業者がAI・ICT(情報通信技術)等先端技術(以下「スマート技術」という。)の生産現場への実装を推進し、作業性と品質・生産性の向上を図るために、予算の範囲内において補助金を交付します。

    南山城村農林業省力化推進事業補助金

    1 補助対象者

    以下の条件1から4すべて満たす方が申請できます。

    1. 村内に事業所または住所を有し、かつ事業完了後5年間、村外へ転出しないことを確約する法人または個人事業主
    2. 村内において農業用機械および設備(以下「設備」という。)を活用する法人または個人事業主
    3. 村税を滞納していない法人または個人事業主
    4. 設備を購入するにあたり、他の補助事業を活用していない法人または個人事業主


    2 補助対象設備

    下記設備の導入に係る費用の1/2以内かつ100万円以内

    1. ドローン(防除用、施肥用)

    2. 自走式草刈機(ラジコン草刈機)
    3. パワーアシストスーツ


    3 補助金の額

     補助対象設備の導入に係る費用の1/2以内(1申請あたり上限100万円)


    4 提出書類

    申請時

    1. 交付申請書(様式第1号)
    2. 見積書
    3. パンフレット等機械および設備の仕様がわかる書類
    4. 村税における完納証明書
    5. その他村長が必要と認める書類

    実績報告時

    1. 実績報告書(様式第4号)
    2. 設備導入に要した費用がわかる領収書等の写し
    3. 設備の写真
    4. その他村長が必要と認める書類

    請求時

    1.  交付請求書(様式第6号)


    5 その他

    1. 補助対象経費が50万円を超える申請は、設備を利用する作業を1ha以上実施しているか、実施する計画を有している法人または個人事業主に限り、申請時に「4 提出書類」に記載されている書類に加え、事業計画書(様式第2号)を提出し、設備を導入した翌年度より5ヵ年の間、毎年利用状況報告書(様式第7号)を提出すること
    2. 補助金の交付対象となった設備を第三者に転売しないこと
    3. 虚偽の申請その他不正の手段により補助金の交付を受けたときなど補助金要綱の規定に違反したときは補助金の返還を命じることがあります


    手続期間

    1. 申請受付期間:令和4年4月1日(金)から令和4年6月30日(木)まで
    2. 実績報告期間:事業完了後から令和4年8月31日(水)まで

     いずれも平日の午前8時30分から午後5時15分とし、申請が予算額を超える場合は上記期間より早く受付終了することがあります。